借景のいえ3 Wood Deck

冬らしい朝です。



 



子供の頃から寒さが苦手だったのに、最近不思議とあんまり寒く感じないです。



 



どんどん逞しくなる私。 



 



ー ウッドデッキ設置 まとめ ー



 



この日のために、中川木材産業さんが製作してくださっていたオリジナルウッドデッキ!



初回の打ち合わせから親身に相談にのって頂き、細部のアドバイスをして頂きました。



最後は、完成品をトラックに積み込むところまでとても丁寧で、ものづくりへの姿勢が伝わって来る方々ばかりでした。






 



古いデッキを撤去し、テラスを洗浄!



元々コンクリート製のテラスに、「すのこデッキ」が取り付けられていました。







そして新しく設置するデッキは、ウリン材の「すのこデッキ」!



目の詰まったハードウッドなので重量があり、耐久性が高く、風格もあります。



テラス扉の開閉に差し支えない様デッキ厚を4cm内におさめる為、横板に彫り込み加工をし根太を通して頂きました。



そして黒いのは、防振ゴムです。





 



 



この日だけ店主にも助っ人に来てもらい現場にて、微調整をしてもらいました。






 



そして、ぴったり収まりました!



裸足で歩きたくなる触り心地です。



デッキもステップも固定をしていませんが、ガタ付きはありません。





 



 



そして以前1段だったステップは、2段ステップの手すり付きに新調しました。
 





 



テラス扉の前に置かれていた室外機は出入りの妨げでもあり圧迫感がありました。
 





 



ウッドデッキのやりかえを機に、この室外機を下に下ろすことを提案させて頂き吉川電気さんに移設をして頂きました。
 




 



 



BEFORE




 



 



AFTER





 



こうしてみると、以前よりお庭が少し広く感じれる様になりました
 



塗装をしていない為無垢の肌触りが味わえ、もちろん塗り替えなどのメンテナンスもフリーです。



初期投資としては、米松材などと比べると値が張りますが



一般的に30年ほどもつと言われているウリン材は、安価なウッドデッキを何度もやり変えることを考えると価値があると思います。



 



(3年ほど経過すると、段々と色が落ち着いたシルバーグレー色に変化します。)



 




完成まで、あともう一息! 

つづく




JUGEMテーマ: