新年



昨年末は、お正月飾りの販売をお休みさせて頂きましたが自家用を数個作りました。
縁があり今年は、稲穂を主体にしたお飾りです。

古葉を手で取り除き、茎だけを残すと稲穂はもう撓わに垂れる事は出来ずポキンと折れてしまいます。
知っているようで知らなかったこの繊細さ。

植物は本当に必要なものだけを自分に装備していて、人間のように必要の無いものまで持ったりしないですね。





そして昨年からすっかりハマってしまったキャンプ。
その中でも「焚き火」が格別で夜、火の音を聞きながら火を絶やさないようにただ薪を焼べるだけなのですが、もう虜です。

去年大変お世話になった火の神様を祀らない訳にはいきません。


冬からは、焚き火の他に薪ストーブも登場。
ANEVAY THE FRONTIER STOVE
 
それでは、本年もよろしくお願い致します。
コメント