借景のいえ 1 Osaka Habikino

今日から2月!

1月末から約築20年の住宅のお庭の改修工事が始まり、現在も工事中です

 

朝の現場

 


 

 

水道にお湯をかけ、少し溶かしてから!

 




そして、住宅街なのにこの借景!!
施工中、この景色を眺めてお弁当を食べらることができて幸せ〜


 

 

この度の「お庭のご相談」

 

「美観のためにと隣地境界に植えたツタや庭木が時が経つうち、通路中にはびこってとても手におえない状況になり困ってしまって。。。」
 

「今のうちに老後のため、使い勝手の良いおうち周りにしておきたい」

 

まとめると大きくこの2点がご相談内容。

 

 

昨年秋、お店へふと立ち寄って頂きお庭のお困りごとなどをいろいろとお話しくださり、日を改めて現地調査へ伺わせていただく事に。

 

現地調査を踏まえ、お庭の計画を立てさせて頂きお見積もりと共に何度か打ち合わせをさせていただきました。

使い勝手や緑の分量(草花のお手入れが楽しくできる面積)・予算などの諸々の折り合うところで工事内容を決め、ご用命くださいました。

 

 

「お庭の改修工事内容」

 

・裏庭と通路の有効利用 (使われていなかった場所や、既存の物の使い勝手を見直し、おうち周りを老後も安心して楽しめるように!)

 

・庭木・草花の伐採/撤去 → 植え替え

 

・ウッドデッキのやりかえ
 

この3本柱が工事の内容です

 

 

眺めは、正直この借景には勝てそうにありません

 

 

自然の姿は、やはり一番美しく私のお手本です

 

今回の工事では、手が届く庭中で季節の草花やお野菜やハーブを育てて楽しめ、通り道の動線は除草作業に追われ無いようなおうち周りに!です。

 

 

些細なことであっても外へ出ようというという気持ちが遠のいてしまう何かがあると、敷地を有効に活用しにくくなってしまいます。

 

それが何か? どのように改善したら? 足腰が弱くなった時の標準は?

 

長く心地よく使っていただける場所を造っていくには、些細なことでも自分だけでなく職人さんやお客さんと話し合うことは大切です。

 

 

BEFORE 正面玄関                      

 

   

草と庭木が育ち、実質使えなくなっている通路

BEFORE

 

 

裏庭

BEFORE

 

 

裏庭(上の写真と反対方向から撮影した図)

BEFORE

 

 

初日は、資材の搬入

 

枕木を積み込み → 現場へ搬入

 


レンガを積み込み → 現場へ搬入

 


ウッドデッキ(今回は小さめデッキだったため木工所内で製作していただきました)積み込み → 現場へ搬入

 


まずは、

 

大きくなりすぎた庭木伐採・下草除草・既存花壇や柱の解体撤去からスタート!

 

さっぱりして、通路の全貌が見えてきました。

 

これで、ひとまず0地点!

 

ここから通路庭を造っていきます。

 

 

 

 

 

 

つづく...

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ: