夏旅-Aichi- work shop編

昨年と今年、2年連続でお盆は愛知の旅へ行ってきました。
お盆休み中なのでもちろん覚悟していた渋滞ですが、たまたま遭遇する事なく行く事が出来あっと言う間の道中。

そんなこんなで書き始めて早々ですが、旅行最終日に丸々一日滞在して来たINAXライブミュージアムで体験して来たワークショップを写真で振り返ろうと思います


大人の遠足ばかりでは、子ども達が飽きてしまうだろうと申し込んだワークショップでしたが、子どもの助っ人だけに収まっていられなくなり結局満喫してしまった結果となりました

丸々と丸められた粒子の細かい土(泥)を、ひたすらピカピカに磨くワークショップ
すごく内容はシンプルで参加対象年齢も幅広い上に、思っていたより泥だんごの七変化が大人も楽しいのでなんだかんだ子どもとだんごの取り合い

 

ワークショップの講師の先生が、実にわかりやすい説明とアイテムを用意してくれます
自身のワークショップもこのくらいスムーズだといいなと、見とれました


だんごが正円になるよう、削る工程


正円になったどろだんごに着彩


瓶の口を使って、研磨


完成!
これ石じゃなく、「泥だんご」です
ホントに光っています
ちょっと、感動でした




店主画伯の「トコナメさん」と雇われ画伯「あっぱれ便器」
絵付け直後と焼き上がりは、色がだいぶ変わる様なので届いた段ボールの中にいるトコナメさんと目が合うのが今から恐怖。


「昆虫時計」 ちび画伯作
焼き上がり後、中央の穴に短針と長針・秒針をはめ時計になります



体験の旅にこれからも、どんどん行きたいですが子どもより両親が夢中になってしまうのをどうにかしないといけないです